ERP(基幹業務システム)~発注管理「ミニマックス法」

投稿日:2015/07/07
カテゴリ: ERP(基幹業務システム)
タグ:, , ,

 

今回はERPにおける発注管理の手法としてしばしば用いられるMin-Max法について説明します。

Min-Max法とは

Min-Max法は、発注点管理の代表的な発注方式です。

発注点管理とは、在庫がある量を切ったら発注する方式です。

 

Min-Max法は、在庫が減ってMin値を切ったら、Max値に戻るように発注する方式です。

発注点=在庫がMin値を切った時点

発注量=(Max―在庫数量)+リードタイムの予想需要

 

リードタイムとは、発注から納品までの時間のことですが、

発注しようと思ってから、実際に発注できるまでの事務的な時間である「発注リードタイム」と、

発注してから納品までの時間の「調達リードタイム」があります。

通常、リードタイムというと、この2つを加えた時間のことです。

顧客が待つことのできる期間を顧客リードタイムといいます。

 

Min値の設定は、安全在庫とする場合が多いです。

安全在庫とは、過去の1回の受注の最大量と定義するのは簡単ですが、そのように安易に考えると在庫が大きく膨らんでしまいます。大口需要の場合は、何らかの前触れがあるのが普通です。

 

Max値の設定は、何日分の在庫を持つかで決まります。

Max値=平均出荷数量×日数

 

在庫日数とは、月末の在庫数量を当月の1日当たりの平均出荷数量で割った値です。

Max値とMin値の設定しだいで、在庫日数が決まります。たとえば、

Max値=3日分の在庫

Min値=2日分の在庫

在庫管理者の腕次第で、会社の資金にゆとりを生むことができます。

 

定期発注、不定期発注

定期発注とは定期的に発注する方式です。(毎日、または、毎週月曜日など)

不定期発注とは、特定の条件が満たされたときに発注する方式です。

発注方式は下図の4通りが基本です。

 

定量発注

不定量発注

定期発注

定期的に定量を発注します

定期的に必要量を発注します

不定期発注

ダブルビン法など

Min-Max法、ロットフォーロットなど

    (ダブルビン;Max=2Min, ロットフォーロット;都度、その個数)

 

需要の安定していない在庫に対しては、在庫管理理論は機能しません。

どのような手法を採用するかは十分な検討が必要です。

 

Min-Max法を適用する条件

  • Min-Max法は簡易な発注方式です。
  • 流通業で品目数が多く、管理が大変なので需要の少ない(金額も少)品目に適用します。
  • 製造業では、需要が多くなく、詳細な在庫管理ができない、または必要ない品目に適用します。
  • ABC分析でCの品目に適用します。
  • 過去の需要実績から発注点を決めているので、需要変動が大きい場合は適用しません。
  • キャンペーンなどを反映することはできません。
  • 需要の多い品目や重要な品目、価格の高い品目には適用してはいけません。
  • 海外に発注するなど、リードタイムが長いもの、不安定なものには適用してはいけません。

 

minmax_image

 

Max= 最大在庫量(大きくすると発注間隔が大きくなり、在庫量が増える)

Min= 最小在庫量(=安全在庫量)

Lt=  調達リードタイム

D2= 調達リードタイム間における需要量

 

発注点=在庫量がMinより小さくなった時点

V  =発注量=Max-Min+D2

採用情報
リクナビページへ
Top